乗用車の「全損」とはその名の通り車の全部が破損してしまう場合、結論として走行することができない等乗り物としての機能をできなくなった状態で使用されますが、自動車保険で定義されている全損は多少なりとも同様ではない意味が込められていたりします。

自動車保険の場合では車が破壊された状況で《全損と分損》という2つの結果に仕分けされ、分損は修理のお金が保険内でおさまる事を指し、その場合とは反対に全損とは修理費が補償額より高い場合を言います。

一般的に、乗用車の修理で『全損』という状況ではエンジンに修復できないダメージが存在したり自動車のフレームが歪んでいたりして直すのが不可能な時、再利用か処分となるのが常識です。

しかし、自動車事故が起こってお店や保険会社が必要な修復費を見積もりした際に、どんなに表面的にしっかりとして元に戻すことが可能な場合でも修復のお金が保険金よりも高くてはなんで保険にお金を支払っているのか分からなくなります。

そのような場合では『全損』として愛車の所有権を車の保険屋さんに譲って補償額を貰う事になっています。

もちろんの事ですがかなりの期間連れ添った自分の車で思い入れがあり、自分でお金を出して修理して乗り続けたいという方はいくらでもいらっしゃいますので状況にて保険会社と話し合うといいのかもしれません。

そして、 自動車保険の種類によってはこういう事態が想定され車両全損時諸費用補償特約等《全損》の時のための特約ついている場合がありたとえマイカーが全損となった場合でも新しく車を買う必要費用を多少なりとも負担してくれるケースもあります。

盗難時保険の特約をつけてると、盗難にあったマイカーが発見できない場面でも(全損)の扱いで保険金が支払われることになっています。