男性が若くして薄毛になってしまうのは、AGAの可能性が大きいようです。

AGAというのは男性型脱毛症のことで、いくつかの特徴があります。

たとえば生え際から薄くなっていったり、頭のてっぺんが薄くなり地肌が見えたり、また生え際とてっぺんの両方が同時に薄くなっていくこともあります。

そしてAGAは放置するとどんどん悪化していくそうです。

なので気付いたら早めに対策を取った方がいいんですよね。

AGAの対策となると育毛をすることになりますが、育毛は時間が必要なので、すぐに治るとは思わない方がいいでしょう。

1年以上かかる人もたくさんいますし、時間をかけてもほとんど変わらない人もいるようです。

またAGAが進行すればするほど育毛するのに時間がかかるみたいですね。

AGA治療をすることに決めたら、専門外来に行くのが一番いいと思います。

皮膚科でも診てもらえますが、あまり薄毛に詳しくない先生が多いので薄毛改善には繋がらないかもしれません。

なので最初から専門外来に行った方が効率的に育毛ができると思います。